新日本開発工業株式会社LOGO       このサイトについて | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
新日本開発工業株式会社総合建設コンサルタント
ニュース・トピックス | 会社情報 | 業務案内 採用情報 お問い合わせ | アルバイト情報 |
graphics
graphics会社概要
----------
graphics会長挨拶
----------
graphics会長履歴
----------
graphics主な技術者
----------
graphics表彰及びプロ
 ポーサル
----------
graphicsISO認証
----------
graphics会社案内図
----------
graphics
 21世紀に入り社会は、グローバル化、IT化が急速に進展しております。企業は大競争社会に突入し、成果品はスピーディでセンス良い、お客様の満足度の高い物が要求されています。このような時代に経営者と社員は一体にベクトルを合わせ、時代の流れに対応するため意識改革を徹底せねばなりません。

 当社は設立以来30年を経過し、それぞれの時代に必要な建設コンサルタント業務を通じ、社会基盤の充実に貢献して参りました。一方社内では安定経営と技術者の育成を柱にして、成果品の品質向上、顧客の満足を得るため、ISO 9001-2008、ISO 14001-2004の認証を受けました。

 当社の業務は、国内では主として公共事業を中心とする道路、河川、港湾、上下水道等の調査、計画、設計はもちろんのこと、それらに関連する動植物、生態系を含めた環境アセスメント、及び民間事業における廃棄物のリサイクル、ダイオキシン対策、SPM解析等、多様な広範囲な分野に渡っております。特筆すべきプロジェクトとしては、国土交通省のプロポーザルに依り環境アセスメントや動植物調査等、鹿児島県出水市における高速道路計画によるツルの生態への影響、ダイオキシンを含む家庭ゴミ消却灰のリサイクル、横須賀リサーチパークにおける自然の再生等があります。海外では、世界銀行のプロポーザルによるアンコールワット遺跡アクセス道路の修復計画があります。

 他方、私自身は、東海大学教授としての経験や政府委員、国会の公述人等の活動を通じて、我が国の動向、及び世界の動向から生じるニーズの橋渡しを数多く果たしてまいりました。さらに、1994年タイ国のMAEJO大学において、前田奨学基金(Doctor Prof. MAEDA Scholarship Fund)を設立致しました。この基金による卒業生は既に50名近くに達し、政、官、民の各方面で活躍しております。

 建設コンサルタントに期待される役割は大きく、これからの時代に十分に応えられる技術者集団を創っていくことが私に課せられる重要な責務と考えております。


資格及び著書
 
 
工学博士(九州大学)
名誉経営学博士(MAJEO大学)
技術士(土質及び基礎、下水道)
特別上級技術者(総合(土木学会))
APECエンジニア(建設)
APECエンジニア(構造)
タイ国立MAJEO大学  前田博士記念奨学金制度創立者

昭和46年  「固形廃棄物と公害対策」(理工図書)
昭和47年  「公害から美しい日本へ」(講談社)
昭和48年  「廃棄物処理と再利用」(建設産業調査会編)
昭和49年  「海洋開発における基礎構造物の現状-人工島」(土質工学会編)
昭和51年  「産業廃棄物埋立の手引き」(日刊工業新聞社)
昭和56年  「石炭灰処理システムと有効利用」(フジテクノシステム)
graphics graphics graphics